生理痛のお悩み ~その2~

体質改善ならおまかせ!
小南東洋治療院 奥村です。

以前にも生理痛のお悩みのことを
ブログに書きました。

実際に治療している方の症例をご紹介します。

その方は主な症状として酷い肩こり、頭痛、背中の痛みがありました。
以前より鍼灸治療を行っていましたが症状は多少楽になるくらいで
すっきり何もない!とはなかなかいきませんでした。
むくみもきつく手の甲も腫れるほどでした。
食生活の乱れも少なからずあったので指導はしていたものの
むくみもなかなかすっきりいきませんでした。
ある時「生理痛が近頃きつくなってきた」と訴えられました。
聞いてみると生理不順であり周期も一定ではなく
生理前後になると腰の痛み、便秘、下痢などの症状が出るとの事でした。
今月、新月に向かう1週間前に「生理がそろそろ・・」と言われたので
生理痛の鍼灸治療を加えていきました。
新月に向かうということでタイミングもばっちり!
1週間、3回の治療を行いました。
新月から3日後くらいに生理が始まりました。
体の状態を聞いたところ
月経前症候群のような症状は全くなく、痛みもない、との事。
そればかりか酷い肩こり、頭痛もほぼないようです。
体の重だるさもなく生理だというのに快調に過ごせているようです。
こんなことはここ何年もなかったともおっしゃいました。

考えてみるとこの方の体の不調の根本は「生理痛」にあったのでは?
と感じました。
東洋医学的に言う「気滞血瘀」の状態。
この方は今後の経緯も気を付けながら
良い状態を維持してもらうために継続治療しこうと考えています。

生理痛、月経前症候群などの症状は人によって千差万別。
お悩みの方はご相談ください。

小南東洋治療院ホームページ

奥村 和弘

奥村 和弘

鍼灸師。体育大学出身。フィットネストレーナーとして10年勤務。さらに探求を深めるべく東洋医学を学び鍼灸師に転身。治療歴15年のまだまだ駆け出しですがスポーツ障害から体質改善、美容鍼まで患者様のニーズに合わせて治療させていただきます。

関連記事